交際クラブで共感力を磨く

女性にとって交際クラブを使う面白さは、なんといっても「ふだんの生活では出会えないような男性とお食事デートに行ける」ことといえます。

自分よりワンランク上の人と交流することは、自分の価値を高めることにつながります。交際クラブのように、そういった人たちが集まる場に積極的に参加することは、円滑な人付き合いをするためのコミュニケーションスキルを磨くのに最高の場ですので、せっかくの出会いを活かして自分磨きをしてみるのもおすすめです。

そんな目上の方とのコミュニケーション力を磨くためにはまず、相手の話に上手に共感できるようになってみましょう。相手の話に共感することと、同感することは似ているようでまったく違います。

たとえば交際クラブの男性会員様が、ご自分の部下についてちょっとした愚痴をこぼしたとします。

その時に「えー、それはひどい部下ですね。」と、ストレスのたまった男性を癒したいとおもって、意見に賛同したとします。

すると愚痴をこぼした男性はほぼ間違いなく、同感した女性のことを不快に感じてしまいます。

それはなぜでしょうか?

本人が自分の部下について愚痴をこぼすのはいいのですが、それを他人が批判することは、自分の身内をけなされたと不快に感じてしまうからです。

不思議なものですが、本人がさんざん愚痴をこぼすのはいいのですが、決して他人には言われたくないという心理がはたらくからです。

このように同感するのはダメ。ならば思い切って相手の話を否定してみるのはどうでしょうか?
「でもその部下の方も、それなりに大変なのだと思いますよ。」

よかれと思って言ったとしても、この場合でも男性はほぼ間違いなく気分を害してしまいます。なぜならこの男性は自分の気持ちをくみとってくれないと感じてしまうからです。

愚痴にたいして同感してはいけない、かといって否定もしてはいけない。

なんだかややこしいですよね。だったら一体どうすればいいのでしょうか?

それは、相手の話に共感すること。すなわち相手の話に賛同も否定もしないで、受け止めることです。

「○○さんは、ストレスをかかえていらっしゃるのですね。」
できればこんな感じで→ (´・_・`)

この男性は、部下に手を焼いて困っている事実よりも、自分は大変であること、ストレスが溜まっているということをわかってほしい、ということが、この会話をする本当の目的だからです。

なので、その大変な気持ちをわかってあげること、自分に伝わっていますよ、と伝えることによって、男性は癒されたと感じてくれるので、その女性にたいして心の距離が近くなります。

相手に共感することとは、相手の気持ちに寄り添うことによって相手を気遣うこと。

ですので、話し相手の気持ちをくみとって、それを言葉にして相手に返すことで、「私にはあなたの気持ちがわかりますよ。」と、伝えてみましょう。

男性があなたに愚痴をこぼしたからといって、その男性は本当に愚痴を言うほどダメな人では決してありません。本当は愚痴をこぼして遠回しに甘えたいと思っている、つまりあなたに心を開き始めている証拠でもあります。

交際クラブの会員様のような高収入男性ほど、ふつうの人では到底かかえきれない大きなストレスとプレッシャーを常に溜めています。そんな方の遠回しの甘えを上手に受け止めてみるのはいかがでしょうか。

交際クラブ
ハイクラス東京

あなたのプライバシーを大切にします。

あなたのプライバシーを大切にします。

「安心の紹介制度」
紹介制度や厳しい入会審査をクリアした人だけが登録。

「クリーンな法人経営」

許認可を受けた健全なクラブです。サクラなし、写真修正なし、業務提携なしの会員重視の誠実な対応をお約束します。(営業許可2594号)

「チーム体制での管理」
IT・会計・法律の専門家チームで、最高のセキュリティを提供します。