富裕層の密かな流行「交際クラブ」

交際クラブとは何か

交際クラブとは、会員との出会いを楽しむための登録制の社交クラブです。交際クラブは、会員同士の出会いの仲介役として、初デートをセッティングするのが主な役目です。初デートの「お食事会」へ参加した対価として、男性は女性にお車代という名目である程度の金銭を渡す習慣があります。お食事デート後については、「会員同士の自由意思」にまかせるので、交際クラブが男女の交際について立ち入ることはありません。 出会った男性と今後交際するかは女性自身の自由意志で決められます。交際クラブは別名「デートクラブ」と呼ばれるため、派遣型サービスと間違われることがありますが、まったく別の業態です。大きな違いは、女性は交際するかどうか、運営側に縛られることなく自由に決められる事です。恋活や婚活など、真面目な出会いを目的とする人にも使われることがよくあるので、どちらかというと、お見合い相談所に近いものといえます。つまり一言でいうと 交際クラブとは
男女の出会いを提供する登録制の社交クラブ

日本での法的規制は?

日本の法律では特に規制はありません。ただし、東京都だけは条例にて活動内容について規定を定めています。東京で営業するには、この条例の厳しい条件を全てクリアする必要があるため、正式に認定を受けた健全な店舗は数えるほどしかありません。違法行為の抑制や未成年者の保護を目的とした条例ですが、残念ながら結果的には、管理体制がずさんで、なかには会員を騙すための悪質な違法店も多くなっているのが現状のようです。 本来の交際クラブは、
合法的な紹介システムを提供する健全な出会いの場です

交際クラブの登録システム

交際クラブは、入会を希望する男女全てに対して、登録前に審査を行います。ひとりひとり直接面会したうえで面接を行いますが、内容は身元確認以外に、異性との交際に積極的かどうかなど、日頃の男女関係について詳細にヒアリングします。男性会員は面接時のヒアリング結果を参考にして、初デートを申し込むかどうか検討するためです。面談は30分〜1時間ほどですが、身元確認やヒアリングの結果によっては、審査が通らないため入会を断られることもあります。入会基準はクラブによってかなり差があります。ただ共通しているのは、クラブは男性には入会の可否を伝えますが、女性には伝えない事が多く、また男女関係なく面接に落ちた理由は一切教えてもらえないのが習慣のようです。